rawa連ブログ

RAWA(アフガニスタン女性革命協会)の支援&連帯団体、「RAWAと連帯する会」による、お知らせ、ご案内、催し物情報等を随時掲載します。ホームページは http://rawajp.org/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「インド洋給油活動を延長する補給支援特措法」再可決に対する抗議声明

抗議声明

 12月12日、インド洋給油活動を延長する補給支援特措法(以下、給油法)が衆議院で再可決されたことに対して「RAWAと連帯する会」は強く抗議します。

 RAWA (アフガニスタン女性革命協会)はこれまで医療活動、孤児院の運営、女性の識字教室や生活再建活動、出版活動、子どもたちに自由と平等と民主主義に即した教育を実現するために日々努力を重ねてきました。
 しかしアフガニスタンの現状は、今もなおアメリカ軍による空爆があり、多くの一般市民、女性や子どもたちが犠牲になっており、「誤爆」によって肉親を殺され、傷つけられた人々の憎悪とタリバンによる反撃により混乱を極めています。
 日本はこれまでにもインド洋上での給油活動を行い、その爆撃機によりアフガニスタンは空爆されてきました。それは「テロと戦うため」ではなく「テロを拡大」するものでしかありませんでした。アフガニスタンに必要なものは、軍隊や爆撃ではなく、平和な社会です。人々が安心して暮らせる社会に「テロ」はありません。
 日本ができることは「給油活動」や「自衛隊を派遣する」ことではなく、食糧支援など一番困っている人々に届く援助活動です。そしてアフガニスタンの人々が生活していけるように支援することです。
アフガニスタンには「RAWAと連帯する会」も含め多くの支援活動をしている人々や団体がいます。 今、この活動の継続が困難な状況になっていますが、その原因は「テロ」ではなく、それを生み出しているアメリカ軍やISAFによる軍事介入です。日本もこの給油法延長により、またもやその一翼を担い続けることになりました。またPRT(軍隊と文民による地方復興支援チーム)に日本が参加しようとする動きがありますが、そもそも軍隊と平和復興というものは全く相反するもので一緒に活動するなど現地感情からしてもあり得ないことです。

 わたしたちはこれからもアフガニスタンの人々が平和に暮らせるように支援活動を続けます。そのためにも今回の給油法の延長に対し強く抗議し、日本の平和的支援を望みます。

2008年12月13日 
RAWAと連帯する会

PageTop

RAWAと連帯する会集会情報 by 前田朗さん

(他団体MLからの転載です。)


前田 朗です。

12月11日

5日、RAWAと連帯する会は、「これ以上アフガニスタンを忘れないために・
東京集会」を開きました。アフガン・ネットワークの柴田和重さん、アジアプレ
ス・インターナショナルの白川徹さん、映像作家の川崎けい子さんに、それぞれ
の体験や取材を通してアフガニスタンの現状をお話いただき、私たちの課題につ
いて考えました。3次にわたるイギリス・アフガニスタン戦争に始まり、周辺諸
国による介入と侵略、抵抗と解放の戦争、しかし、その中で続けられた内部対立
と内戦という、アフガニスタンの近現代史を踏まえながら、現在のアメリカによ
る侵略、ISAFによる抑圧、武装勢力の抵抗と内戦という現実の元であえぐア
フガニスタン人民の願いに思いをはせました。少人数の集会でしたが、勉強にな
りました。川崎さんの『ヤカオランの春』の仙台上映会をやってきた高校生が、
今は東京の大学生グループ「ヤカオラン・東京」になっていて、参加・発言して
くれました。

既報のように、RAWAと連帯する会は、13日に大阪、14日に三重で同様の集会
を開催します。

13日 アフガニスタン・レポート 混迷の大地で(大阪)

http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-December/021817.html

14日 アフガニスタンをこれ以上見捨てないで!@三重

http://rawaren.blog36.fc2.com/

PageTop

お知らせ★『2008アジアはともだち!子どもコンサート』

他団体の催し情報です。



『2008アジアはともだち!子どもコンサート』
KIZUNA
   ~広げよう! 未来へつなぐ平和のメッセージ~

子どもたちがつくる、子どもたちの平和へのメッセージです。
赤ちゃんから大人までみなさんぜひご参加ください。

○日時 11月23日(日)15:30~   (開場15:00)
○会場 大田文化の森ホール(JR『大森』 
       駅西口より池上方面行きバス「大田文化の森」下車
○チケット 前売 大人;2000円 子ども(高校生以下)・障害者・シルバー;1000円

○主催 アジアはともだち!コンサート実行委員会
○TEL 090-5759-7135(大久保)

沖縄、読谷村から硫舞・獅子舞・棒術の子どもたち17人が出演!
韓国から子どもたち15人が出演!
朝鮮学校・中学部が華麗な朝鮮舞踊を!
子ども全交の子どもたちがエイサー・獅子舞・和太鼓で出演!
APLOがバンド演奏を!

アジアの国から集まった友だちが共演することで、1人1人が幸せを感じる
ことのできる、平和な世界をつくろうという願いが込められたコンサート。
舞台と会場が一体となって、みんなで元気になりましょう!

子どもたちが、自分たちで企画・出演・運営し、実行委員長は中学2年の柴田君。

赤ちゃんから大人まで楽しめる参加型コンサートです。

PageTop

アフガニスタンをこれ以上見捨てないで! @三重

12月のRAWA連企画の第三弾、三重のイベント案内です。
お近くの方はぜひ!



□ アフガニスタンをこれ以上見捨てないで! 
      ~RAWA連よりアフガン最新報告会~

□ 日時: 12月14日(日)14:00~16:30

□ 場所: アスト津ビル4F 公民館研修室A
         近鉄・JR津駅下車 東口改札を出てすぐ左手のビル

□ 内容: ◆RAWA連スタディツアー2008 報告会  by ツアー参加者
           ケーワ難民キャンプ、ヘワド学校など
       ◆アフガン最新情勢   by  アジアプレス・白川徹さん 
             危険な中、アフガン取材をつづけておられる
             ジャーナリスト白川徹さんがきてくださることになりました!
             今、カーブルにおられますが、来津の快諾をいただきました。
       ◆アフガンの大地に根をおろして  By ペシャワール会名古屋事務局長・五井泰弘さん

□ 主催   RAWAと連帯する会・みえ

□ 参加費  1000円

□ 連絡先  宮西いづみ(090-1239-1410 teresa@za.ztv.ne.jp) 

□ 備考    自衛隊インド洋派遣さらにアフガン派兵をもくろむ日本。
         本来豊かな自然に恵まれ文化の発祥地でありながら、
         外国の軍隊に踏みにじられ続けそして見捨てられようとしています。
         『アフガニスタンで神様は泣くばかり』という本がありますが
         日々をそこで生きる人々をこれ以上見捨てないで!の願いをこめて開催します。

 

PageTop

お知らせ★「これ以上アフガニスタンを忘れないために・東京」

みなさま

この12月、RAWAと連帯する会は東京/大阪/三重で集会を企画しています。
乞うご期待!

まずは東京で、12月5日(金)に『これ以上アフガニスタンを忘れない
ために・東京』を開催します。
バラク・オバマが大統領になっても、アメリカはアフガニスタンへ増派
するでしょう。
2003年12月のICTA判決から5年。再びアフガニスタンにも焦点をあて、
みなさまにお目にかかりたく思います。
どうぞご参加ください。

RAWAと連帯する会



<ここから転送可>


                             
◇◆◇◆  これ以上アフガニスタンを忘れないために・東京  ◆◇◆◇
         --伊藤さん殺害事件を受けて-- 



★!!アジアプレスの白川徹さんによる最新のアフガンレポート決定!!★


1970年代からソ連の侵攻、内戦、タリバン政権、アメリカの爆撃と
続いたアフガニスタン。
そして今も空爆、干ばつ、飢餓など、人々の苦しみは続いています。
そんな中、今年8月27日、アフガニスタン東部で拉致されたペシャ
ワール会の伊藤和也さんが殺害されました。

米軍がイラクから退いてアフガニスタンへ増派を行い、日本は新給油
法案が国会で審議中です。私たちは自衛隊による米軍等への給油活動や
2002年1月以降に実施されている12億ドル(1200億円以上)ものODA、
そして難民認定の困難さも含め、アフガニスタンとはけっして無関係
ではありません。

アフガニスタンはこれからも大国や周辺の国々のはざまで混沌として
いくのだろうという思いから、現状の中で本当の支援とは何か、私たち
は(まとまった民衆として、また個人として)どんなことをしていったら
いいのかを考える機会にしたいと思っています。
仏像が崩壊したり、世界的な大事件のたびに思い出しては忘れられて
いくアフガニスタンのことを、これ以上傍観しないための集いです。
ぜひ、ご参加ください。


日時:2008年12月5日(金)
   18:30ー21:00(18:00開場)

場所:東京しごとセンター地下2階 講堂
   東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号
   http://www.shigotozaidan.jp/map.html

交通:飯田橋駅から
    JR中央・総武線「東口」徒歩7分
    大江戸線・ 有楽町線・南北線徒歩7分、東西線徒歩6分
   水道橋駅から
    JR中央・総武線「西口」より徒歩8分

パネリスト:柴田和重さん(アフガン・ネットワーク、著書『ポスト・タリバン』)
      川崎けい子さん(映像作家、『ヤカオランの春』、『壁の中の少女たち』
監督)
      白川徹さん(アジアプレス・インターナショナル)
      前田朗さん(東京造形大学教授)    ほか

参加費:800円(申込は不要)
問い合わせ:RAWAと連帯する会・関東
      Eメール rawa-jp@hotmail.co.jp
      ホームページ http://rawa-japan.3005.net/
主催:これ以上アフガニスタンを忘れないための集い・東京実行委員会
共催:RAWAと連帯する会・関東

<ここまで>

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。