rawa連ブログ

RAWA(アフガニスタン女性革命協会)の支援&連帯団体、「RAWAと連帯する会」による、お知らせ、ご案内、催し物情報等を随時掲載します。ホームページは http://rawajp.org/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本語訳「ヘワド高校が引っ越しを余儀なくされました」

オーストラリアのRAWA支援団体、SAWA経由で届いたRAWAからのメッセージを
RAWA連が翻訳しました。

-------------------

「ヘワド高校が引っ越しを余儀なくされました」

パキスタンのタリバン勢力は共学の学校を爆破すると脅しています。
ヘワド高校の近所の住民は学校への攻撃は自分たちを危険に巻き込む
という心配から、ヘワド高校を閉鎖するか、男女別々の席で授業を
受けさせろ、と求めてきました。しかしRAWAとしては他の学校の
ようにタリバンの脅しに屈することは断じて出来ず、その結果、近
所の人々は警察に我々のことを報告しました。

イスラマバードのアフガン大使館は通常ならばそのような状況にある
学校を保護するのですが、ヘワド高校は大使館に正式に届けられた
学校であるにも拘わらず、今回は援助してくれません。RAWAの学校
は必ずしも、大使館の指示に従っているとは言えず、大使館側は援助
を渋っています。過去に学校内にカルザイとアーミド・シャー・マス
ードの写真を掲げろ、そして4月28日を「勝利の日」として祝えと
言ってきたときに断ったことがあるからです。大使館は我々の学校を
正規の学校としての登録から抹消させると脅してきました。

[カーブルを破壊し、何千人もの人々の命を奪った、1992-1996の
内戦の始まりである1992年4月28日の重大性については http:
//www.rawa.org/events/apr28-07_photos.htm.を参照して下さい。]

パキスタン警察は我々が住宅地から他の場所に移るためにたった2日
しか猶予を与えませんでした。最終的には、学校用の建物を探し、
引っ越しするために一週間を与えられましたが、その間学校は休校を
余儀なくされました。

最近警察はアフガン人に対し、厳しくあたっています。警察はしっかり
任務を遂行し、「テロ行為」に関わった人間を逮捕しているのだと言っ
て、何の罪もないアフガン難民を逮捕しています。誰もが、パキスタン
各地で見られる自爆攻撃はアフガン人によるものではないと知っている
のに、警察は今だに難癖をつけて難民を困らせています。

このようなことは我々にとって大変な問題であり、また対処するには
費用がかかります。新しい場所を探した結果、幸い適切な建物を見つけ
ることが出来ましたが、賃貸料がいままでのところより非常に高くな
ってしまいました。残念ながら、この高い賃貸料を払わざるを得ず、
その上、不動産会社への手数料として半月分の家賃と引っ越し費用が
必要となります。
学校はここ数日休校となっていまして、この休校状態は引っ越しが完全
に終了するまで続くことになります。また、タリバンの攻撃から守るた
めに警備体制を整えなければなりません。このごろはパキスタンの金持
ちの学校は警察によって公式に警備されていますが、難民の学校や貧し
いパキスタン人には政府による警備手段が取られることはありません。

我々はアフガニスタンにおいてもパキスタンにおいてもこのような状況
には慣れてはいますけれど、我々の状況をぜひあなた方に知って戴きた
かったのです。

(日本語訳:高田道子@RAWA連)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。